サイトについて

人には相談しづらい性病治療に関する病院と薬の知識を細かく記載しています。放置すれば大変な事態に発展する性病のへ対処方法や、匿名やプライバシーを守りながら性器感染症を相談できる方法も記載しています。

性生活の乱れや性に対する知識の欠如等を原因として、最近では若い世代の人達を中心とした性病患者が増えてきています。もしも性病になってしまった場合は、もちろん早急に治療を始めていく必要があります。しかし性病治療に当たっては、正しい知識を持って行う必要があります。

まず性病治療の為には病院に行く必要があります。性病になった際、一体何科に診察に行けばいいのか分かっていない人も多いものです。性病治療にはまず正しい科へ診察に行くことから始まります。実は性病になった時に行くべき科は一つではなく、性病科はもちろん、婦人科や泌尿器科等でも診察を受けることが出来ます。もちろん一番適格な検査と治療を期待するのならば性病科に行くべきなのは言うまでもありません。

性病について検査する場合、全額自己負担となってしまう事もあります。その際はかなり高額となります。また、性病検査では、何か痛いことをされるのではないかと躊躇してしまい症状が出ているのにも関わらずなかなか勇気が出なくて病院に行けないという若者達も多くいます。しかし一般的に性病の検査で痛い内容を伴うものはほとんどありません。とにかく勇気を出して一度病院に行ってみることが必要です。最初の一歩が何事も肝心ですが、一度勇気を出して病院に足を踏み入れれば、その後は病院のスタッフが丁寧に対応してくれるので安心して下さい。

検査をした結果性病があると分かった場合は治療を早速始めることになりますが、性病の治療の多くは抗生物質等を中心に行われる事に行われます。薬で行うなどと聞くと、意外に簡単な治療方法と誤解し油断しがちです。つまり、薬は毎日飲むものだということを忘れてしまう人が多いのです。毎日忙しい現代人にとっては、薬を飲む時間ですら惜しいと考えておられる方が沢山いらっしゃるでしょう。しかし服用を怠っては、せっかくの処方が無駄になり、完全に治すことが出来なくなってしまいます。どんなに忙しくても薬を飲むことだけは絶対に忘れないように、常に心に留めておく必要があります。病院や薬をどんどん利用して、一日も早く性病を治療していきましょう。
淋病は比較的ポピュラーな性病ですが、放置すると重大な合併症を引き起こすこともあるため、少しでも違和感を覚えたらすぐ病院へ行くか治療薬を飲むようにしましょう。

性器の感染症に電話相談する人が多い理由

性器の感染症について電話相談する女性

実は日本の性器感染症の発症率は、先進国の中で高い数値です。性教育が他の先進国に比べて進んでおらず、適切な知識がないまま性行為に及びそれが、性器への感染症を起こす事も珍しくありません。実際の処、どのような経路で性器への感染症が起きているのか?は余り知られていないのが現状です。一般的には、性器同士が重なりあう性行為に関しての危険性だけを理解しているケースが多いのですが、他に、経口感染や血液感染もあります。性病を持つ方の粘膜から感染が起こる危険性があるとされているのです。性病に罹った方は、治療を行って完治させてから性行為、キスなどを行う必要があるのです。

そんな性病ですが病院受診率は高くなく、地方自治体が設立した電話相談を行う人が増えています。これは、性病とされているエイズやクラミジアなどだけではなく、性器に影響がある感染症なども、人には言い難い話なので当然といえます。
また、男女を問わず、病院スタッフが同性でないケースが多いので相談するのをためらう事もあるようです。特に女性の方は産科の先生の多くが男性であり、症状を話すのに辛い思いをするかもしれません。男性であれば看護師が女性であるケースがほとんどで、それも人によっては苦痛となります。だからこそ、電話相談という形で相談を持ちかけるのです。

しかし、性器への感染症は電話相談だけでは治りません。薬が必要なのです。そして、その薬も医師による診断がなければ適切なものは選べません。

もっとも危険な淋病を経口薬で治す?

淋病の治療法を解説する医師

性病の中でも特に注意しなければならないのは淋病です。淋病は性病の中でも世間一般で良く知られているものの一つでしょう。淋病は男女両方に感性する性病であり、自覚症状が出やすいのは男性の方が多いようです。
なぜ注意しなければならないかというと、放置したままにすると、男女ともに不妊症になってしまう可能性があるからです。
淋病も基本的には治療薬で治すことになりますが、最近話題になっているのが従来の薬では治療できない耐性菌によるものです。かつて、淋病の治療薬としてはペニシリンGや経口薬のセフィキシムが用いられていました。しかし、そういった薬の効果が失われている状況です。一方、通院は恥ずかしいので、市販薬だけで治したいという人は相変わらず数多くいます。
そんな人たちに人気のある薬が抗生物質系の経口薬です。ミノサイクリンはそんな経口薬の一つです。経口薬を用いる際の注意点は、いずれの薬を用いるにしろ、効果は服用してみないと分からない点が挙げられます。このため、服用してしばらく経ったら、一度病院で検査する事をおすすめします。
一方で、ミノサイクリンは様々な感染症に効果のある、万能薬としても知られています。
淋病のような性病だけではなく、その他の細菌やウィルス、真菌などによる感染症に対しても効果があります。テトラサイクリン系の抗生物質であり、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質の効かない感染症に対して、有効な場合があります。すなわち、他系統の抗生物質が効かない場合であってもミノサイクリンは効果がある場合があるのです。