中古ドメインの利用価値について

中古ドメインというものがありますが、そもそも中古ドメインとはどういうものでしょうか。また、中古ドメインはどのようなことに利用され、その価値はどのくらいのものなのでしょうか。

中古ドメインと自作ドメインの違いとは

インターネット上でコンテンツを配信する時に必要になるものが「ドメイン」です。ドメインには大きく分けて2つ、新規ドメインと中古ドメインという種類があります。それぞれでメリット・デメリットがあるので、しっかりとその違いを認識したうえで最適な判断が出来る様にしておきましょう。

さて、まずは「新規ドメイン」に関しての説明をしていきます。新規でドメインを取得するということは、可能な範囲でではあるものの自作で好きな配列のドメインを作成することが出来るというメリットがあります。自身が作成するコンテンツに最適な単語を含めたドメインを作成しておけば、それだけでクローラーから高い評価を得やすくなります。しかし、新規ドメインに関しては「何の財産も無い状態からスタートする」というデメリットがあります。また、エイジングフィルターに掛かってしまうという点も考慮しなければいけません。

これに対して「中古ドメイン」の場合、任意の配列のドメインが取得できるとは限りませんが、取得から時間が過ぎている分、「新規よりも多くの財産を持っている」というメリットがあります。例えば、すでにそのドメインを知っている人が居たり、他サイトからの被リンクを持っていると言った状況はスタートダッシュを決めるために大きな意味を持つものですので、より早く・高い確率で集客が見込める様になります。また、エイジングフィルターに掛からないという点もメリットです。

ただ、中古ドメインの場合は「ペナルティを受けている可能性が否定できない」というリスクがあります。どれ程優秀な過去を持っていたとしても、一度ペナルティを受けてしまえばそのドメインの価値は大幅に下がってしまうので注意が必要です。

上へ戻る