中古ドメインの利用価値について

中古ドメインというものがありますが、そもそも中古ドメインとはどういうものでしょうか。また、中古ドメインはどのようなことに利用され、その価値はどのくらいのものなのでしょうか。

中古ドメインの.orgを利用してみる

インターネットにサイト公開する場合にドメインがひるようになりますが、これは1年で更新が必要となります。サイトを利用しなくなると更新を行なうことがなくなるため、期限切れとなり中古ドメインとなります。これは誰でも入手して利用することができ、中古ドメインとしてのメリットがあるために人気なのです。
中古ドメインのメリットはSEO対策に効果があるということです。過去に運用されていた状況をそのまま引き継ぐことができるので、バックリンクがある、ドメインエイジがあるといったことでSEO的に重要な要素を持っているということになるのです。
検索エンジンに新規ドメインの上位表示は難しいことになりますが、中古ドメインはドメインエイジがあれば信用度も高いことから上位に表示される可能性が高いのです。
検索エンジンによっては評価をリセットするというようなこともありますが、中古ドメインが持っているバックリンクがあれば新規ドメインと比べてやはり評価されやすいために、また検索エンジンに表示されるようになるのです。
中古ドメインも数多くあり、どのようなドメイン名がいいのか判断に悩むこともあります。一般的には「.com」が数多くあり、ほかに「.jp」などもあり中古ドメインとして入手することができます。
「.co.jp」は主に企業が運営しているドメインということで入手は難しいものとなりますが、「.org」という非営利団体のドメインを利用するという方法もあります。「.org」だから個人で利用することはできないということはないため、取得してみる価値はあるかもしれません。
中古ドメインはドメインエイジやバックリンクなどを事前に確認して利用することで効果を上げることができます。

上へ戻る