中古ドメインの利用価値について

中古ドメインというものがありますが、そもそも中古ドメインとはどういうものでしょうか。また、中古ドメインはどのようなことに利用され、その価値はどのくらいのものなのでしょうか。

中古ドメインは違法ではなく大きな財産

ホームページの運営を行う時、最初に講じるべきなのはドメインの名前を決定する事で、名前を決める事を楽しみにしている方も多いです。
ただし、一言でドメインとは言っても新規と中古の2つが存在しており、中古ドメインの場合は名を決める手順はありません。
新規は言わずもがな新しく手に入れるタイプですが、中古ドメインに関しては比較的認知度が低いものです。
中古ドメインと言う名前は言葉の響きとして違法性があるように感じられてしまう事もあるのですが、全く違法性はありません。
その理由は、ドメインが中古として出回り、中古ドメインとして業者に取り扱いされる理由を理解すると納得できます。
ドメインというのはケーブルテレビや携帯電話の回線を契約するのと同じように1年毎に利用料金を支払っていきます。
支払うスパンは各々で差異がありますが、更新時に更新料を支払わないと使用できる権利を失う事になります。
しかし、これまで利用していた方が使う権利を失っただけで、中古ドメインとしては残っているのです。
つまり、中古ドメインというのは管理する人が居なくなったものを他人が買い取りもう一度使うという方式です。
言うならば使い古しという事になるので安く手配可能に思われるのですが、中古ドメインにはそのような常識は通用しません。
むしろ、長年使われ続けた方が高値になっており、中には数億円単位で取り引きされている事もあります。
このような市場になっているのは、歴史が古いほど検索順位で上位になるという事が関係しています。
つまり、長年使われてきた中古ドメインは単なる英語の文字列ではあるものの、れっきとした財産という事になります。
そのため、会社名や理念を決めるのと同じほど重要性が高い事柄と言えるのです。

上へ戻る