中古ドメインの利用価値について

中古ドメインというものがありますが、そもそも中古ドメインとはどういうものでしょうか。また、中古ドメインはどのようなことに利用され、その価値はどのくらいのものなのでしょうか。

中古ドメインを利用した量産ブログとヤフーとの関係

中古ドメインを活用してサテライトサイトを量産するケースが増えていますが、手順を間違えると検索サイトからのペナルティとなるケースがあるので要注意です。サテライトサイトはもともとメインサイトへのバックリンクを作るために作成されるケースが多く、ヤフーなどで行われていた無料ブログサービスがよく利用されています。しかし、無料ブログの場合、たくさんつくりすぎると一斉削除されてしまうことも多かったことから独自のブログとして運用されることが増えています。ブログサイトを作る場合、ドメインが必要になりますが、コストはかかりますが中古ドメインを利用することが増えています。もともとメインサイトで利用されることが多かった中古ドメインですが、サテライトサイトの価値も重要になってきていることから中古ドメインの利用が活発になってきています。ただし、中古ドメインならなんでもいいということはなく、サテライトサイトに求められる機能に合わせて中古ドメインを選ぶ必要があります。サテライトサイトは効率的なリンクをメインサイトに送らなくてはなりませんが、検索サイトで認められるリンクは同じカテゴリ、キーワードを利用していることです。しかも、コンテンツはコピーしてはいけません。特に長期間運用しているサイトをサテライトサイトにすることでリンクの力が増すと考えられています。そこで中古ドメインを選ぶ際にはインデックスが多く、メインサイトに似たカテゴリ、キーワードを持つドメインを選ぶ必要があります。手間はかかりますが、サテライトサイトを育てる手間が大幅に短縮できるので多くの方が実践しています。中には効果が高すぎてメインサイトよりも強力なサイトになってしまう場合も少なくありません。

上へ戻る