サイトについて

人には相談しづらい性病治療に関する病院と薬の知識を細かく記載しています。放置すれば大変な事態に発展する性病のへ対処方法や、匿名やプライバシーを守りながら性器感染症を相談できる方法も記載しています。

淋病とクラミジアの症状

性病にはいくつかの種類があり、かかってしまった場合には局部を中心として様々な症状が現れます。症状が出たらジスロマックのような治療薬で治療するのもいいですが、何より大事なのはそれぞれの症状についてあらかじめ知っておくことです。まず、代表的なものとして淋病をあげることができます。
淋病とは淋菌によっておこる尿道炎のことを指し、潜伏期間は2~7日で発病をします。
男性の場合には、最初、尿道に軽いかゆみや熱っぽさを感じ、しだいに排尿時に尿道から粘着質の分泌物が出るようになります。症状が進むにつれ排尿時に強い痛みを感じるようになり、尿道口が赤く腫れあがったりします。放置をした場合には尿道狭窄に至る可能性があります。女性の場合には症状がなく、検査では性器淋菌陽性患者の場合には口腔の咽喉からも淋菌が検出されることもありますが、この場合にも症状はありません。
ただし、女性の場合にはおりものの雑菌のために陽性と診断されることもあり、パートナーと同時に診断を受けることが大事になります。また、淋菌が検出された場合には必ずクラミジアにかかっていないかも調べ、場合によっては治療をする必要があります。
クラミジアもよく見られる性病の1つであり、症状としては排尿時に違和感を感じたり、下着が汚れる程度の膿がでる場合もありますが、無症状のときもあります。
特に女性の場合には自覚症状がなく感染を広げる原因ともなります。
症状が進むと男性の場合には副睾丸炎や前立腺炎となり、女性の場合には卵管炎などの骨盤内炎症性疾患を起こし不妊症となる原因にもなるため、注意が必要となります。